トップページ > 寝心地のヒント > マニフレックス研修会に参加してきました
2019.05.28

マニフレックス研修会に参加してきました

先週、マニフレックスの輸入総代理店である「フラグスポート」で、マニフレックスの研修会が開催されました。

当店では3年連続で参加して、マニフレックスについての商品知識をお客様にお伝えするべく、たくさん勉強してきております。

結論としての一言は、

「マニフレックスは、いい!」

ということであります。はい・・・

何がいいか・・・・・・・すべて、よいのです。ケチのつけようがないです。

写真の表を解説すると、つぎのようになります。

体圧分散・睡眠姿勢:
  マニフレックスは、立っている状態をキープして寝ている姿勢を取れる点がよいです。
  人の体で一番重いのはお尻の部分。お尻が沈んだままで寝ると、腰をかがめたままで寝ているのと同じです。

通気性・温度変化:
  細かい気泡のような穴=空気の通り道があるので、湿度の高い夏も蒸れません。
  また、寒い冬も湿度を逃しますので、ふとんが冷たくて眠れない、ということになりません。
  空気の通り道があるということは、そこに空気の層があるということ。
  当店でお求めのお客様から、「マニフレックスは冬あたたかいのだけど、遠赤外線とか出てるの?」
  などと聞かれることがあります。空気の層が、床からの冷えを防ぎます。

  夏暑いかといえばさにあらず、、、夏の不快さは、「湿気」から生まれるものです。
  蒸れないマニフレックスは、寝苦しさを感じず朝までぐっすり眠れます。これからの季節にピッタリですね!

耐久性:
  ドイツの工業規格による厳しい耐久試験による認定を受けております。
  大雑把にいうと、枕は3年、ふとん・マットレスで10年〜15年という保証がついています。
  なお、ヘタリによる芯材の変形に対する保証で、寝心地を保証するものではありません。

軽さ:
  季節の変わり目などに行っていただきたい、ベッドの天地返し(ローテーション)のときに、
  マニフレックスは軽いのでとても作業がしやすいです。
  重いものを持つのが大変な方にはとても使いやすい寝具です。

アレルギー:
  アレルギー物質をふくまず、またゴミやホコリも出ません。
  OEKO-TEX standard100 クラス1認証を取っています。繊維製品から有害物質を排除する目的で発足した
  国際安全規格が、
  「36ヶ月までの乳幼児が使用できる」というお墨付きをくれていますので、とても安心ですね。
  「3歳までの赤ちゃんが間違ってかけらを口に入れても害はないですよ」の意味です。

廃棄:
  ゴミを捨てるにもお金がかかる時代。しかも分別が必要な部材が中に混じっていたりしたら、
  廃棄業者さんも選ばなければなりません。
  マニフレックスは、燃やしても有害ガスが出ませんし、なによりもスプリングベッドとちがって
  金属の分別が不要です。
  環境に優しい素材で作られていますから安心ですね。
  自治体によって処分の仕方は異なりますが、スプリングベッドのような厄介さはありません。

 というわけで、マニフレックスは、いいです、ほんとに。

関連記事

2019.01.11
2017.12.02
2019.02.05
2019.04.04

寝心地のヒント

アクセス

最寄駅 奥羽本線「土崎駅」まで徒歩5分

バス停 「土崎駅入口」まで徒歩1分

秋田港フェリーターミナルまで車5分

秋田北インターまで車で15分
秋田空港まで車で45分(秋田道利用の場合)